コミュニケーション能力を高めるにはたくさんの要素が必要です。経営コンサルタントとして学んだことや経験したことを中心に「コミュニケーション能力向上」に役立つ情報を(原則)毎週金曜日に配信しています。皆さまの未来に少しでも貢献できれば幸いです!

エピソード, 顧客視点, Other

いい会社とは 〜凄い会社のエピソード〜

いい会社とはどんな会社でしょうか?

  • 売上規模?
  • 利益額?
  • 利益率?
  • 資本金?
  • 従業員満足度?
  • 顧客満足度?

色々な見方や捉え方があると思います。

しかし直感的に「これは敵わないな〜」と思った体験があります。

これは「いい会社とは」という疑問に答えるヒントとなる、絶対に敵わないと思った凄い会社のエピソードです。

何かを伝えたいというよりは、体験した出来事をシェアしたいという気持ちなので、「ふ〜ん」っていう感じで気軽に読んでくださいね。

この会社は長野県にあるとても有名な会社です。

500人近い社員数で、何が素晴らしいかというと、そこで働いている人がとても素晴らしいと評判の会社です。

会社の名前は固定概念が生まれないように、敢えて伏せさせていただきます。

目次         

  • 会社を知るきっかけ
  • 何気ない回答
  • いい会社の本質
  • さいごに

会社を知るきっかけ  

その会社を私自身が直接知るきっかけになったのが、ある研修でした。

その研修もまた変わっている面白いものでしたので、まずはその研修からご紹介します。

通常は、研修というとカリキュラムがあって、スケジュールが決まっています。つまり主催者と受講者の両方が存在するというのが通例かと思います。

しかしこの研修は、主催者と受講者が一緒なのです。

つまり、事前に決まっているのは日程と場所(地域)だけで、どこに行って、何を学ぶかは、学びたい人が決めるというとても面白い構成の研修で、私自身も多くを学ばせていただきました。

そしてその研修の中で出会ったのが、この会社でした。

先ほどご説明したように、この研修では、中身は自分たちで決められるので、学びをともにする研修メンバー(13名)の仲間と共に、どんなカリキュラムにしようか色々と意見交換をしました。

当然何冊も書籍を出している会長や社長のお話は聞きたいけど、「あ〜良かった〜」という表面的な感想になってしまったら、訪問するメリットが活かせない。

せっかく自分たちで中身を考えられるなら、もっと内面に触れる内容がいいということで、入社2ヶ月の社員さんと触れ合う機会を設けました。

そこで「いい会社とは」のヒントとなる、絶対に敵わないエピソードを知ることになったのです。

何気ない回答     

休日なのに快く3人の高卒女性社員さんが研修に協力してくれました。そこで私は1つの質問をさせていただきました。

その質問とは・・・。

「みなさんは、この会社に入社してからこれまでの2ヶ月間で、最も嬉しかったことはなんですか?」

純粋に知りたいことでしたし、入社間もない人に質問をしたほうが、逆に会社のことが分かると思い、質問をさせていただきました。

すると、こんなやりとりでした・・・。

私:「この会社に入社してからこれまでの2ヶ月間で、最も嬉しかったことはなんですか?」

高卒の女性社員:「この前、友達とファミレスに行ったんですけど〜・・・」

とても癒し系のおっとりとした社員さんでした。

ひょっとしたら少し天然なところもあって、こっちの質問の意図が伝わっていないかな?なんて、この時は思ったりもしてしまいました(笑)〜

高卒の女性社員:「この前、友達とファミレスに行ったんですけど、食べ終わって帰る時に、店員さんが片付けやすいように並べて帰れるようになったことが一番嬉しかったです」

私:「それが、入社して一番嬉しかったことですか?」

高卒の女性社員:「はい、そうです」

これを聞いた瞬間は、まさに拍子抜けでした(笑)

しかし、その数秒後から少しずつ頭の中でコメントを整理していくうちに、私の中で衝撃と感動がこみ上げてきました。

いい会社の本質    

会社に入ってから一番嬉しかったことと、レストランの出来事がなぜ結びつくのか??

簡単にいうと、「私はこの会社に入ったおかげで、人の気持ちを考えられるようになりました。それが嬉しいです。だから、とても感謝しています」ということです。

理屈ではわかりますし、とても大切なことですし、生きていく上で、仕事をしていく上で、とても大切なことは分かりますが・・・。

うちの会社だったら・・・、

  • 「仕事ができるようになった」
  • 「この業務を覚えられるようになった」
  • 「お客様にこんなことを言ってもらった」
  • 「上司にこんな風に褒めてもらった」
  • 「慣れてきて少し余裕が出てきた」

実際にうちの社員の何人かに聞いても、そのような内容でした。

もちろん、嬉しかったことを聞けるということはどんな内容であれ、こちらも嬉しいことに変わりはないのですが・・・。

とにかく私の想像を超えるどころか、予想もしない角度から答えが飛んで来たのです。

ここに「いい会社とは」を考える際の、大きなヒントと本質を学ぶことができました。

一体この会社は2ヶ月の間に、どんな研修をしているんだろう!?ってますます興味を覚えました。

もちろんその後、さっそく質問をさせていただきました。

そして、本当にここの社員の皆さんは感じの良い人ばかりなのです。

だからこそ今でもベンチマークしている企業の1つで、多くの刺激をもらっていますし、たまにご相談もさせていただいたりしています。

さいごに       

この経験を通じて感じたことは・・・。

「会社は、仕事をするところだから、仕事を教える」

そう考えることは決しておかしくありませんが、この会社では・・・。

「会社は、仕事を通して社会に貢献するところだから、仕事を通して人としての生き方を教えていく」

というようなメッセージを感じました。

いい会社とは、人としての生き方について考える機会をくれます!