コミュニケーション能力を高めるにはたくさんの要素が必要です。経営コンサルタントとして学んだことや経験したことを中心に「コミュニケーション能力向上」に役立つ情報を(原則)毎週金曜日に配信しています。皆さまの未来に少しでも貢献できれば幸いです!

コミュニケーションスキル, コミュニケーションの仕組み化

傾聴力がある人の共通点 〜コミュニケーション能力を高めるには〜

コミュニケーション能力を高めるには、たくさんのことが必要ですが、今回は「傾聴力がある人の共通点」についてご紹介します。

今回は傾聴力を高めるにはどうしたら良いかという視点ではなく、傾聴力がある人はどんな共通点を持っているかという視点で、大切なポイントをご紹介します。

だから今回のテーマは「傾聴力がある人の共通点」です。

あなたの周りにいる「傾聴力がある人」をイメージしながら、読んでみて下さい。

目次         

  • 傾聴力がある人の共通点
  • 動かない見た目
  • 動く見た目
  • さいごに

傾聴力がある人の共通点

まず傾聴力とは、どう定義されるのでしょうか?

  • 相手の話をじっと聞く力。
  • 相手の気持ちに寄り添いながら深く理解する力。
  • 丁寧に耳を傾ける力。
  • 熱心に聞く力。
  • 真剣に聞く力・・・。

傾聴力がある人の共通点は、ズバリ「見た目」が良いことです。

なぜ「見た目」なのか?

その根拠は、こちら「1分間スピーチのコツ」でもお伝えしたメラビアンの法則です。

これはコミュニケーションにおいて、感情や態度について矛盾したメッセージが発せられた時の、人の受け止め方に関する法則です。

その時に、人はどのような情報に対して、どのような割合で影響を受けるかという法則で、次のようになります。

  • 55%:視覚情報(見た目の情報)
  • 38%:聴覚情報(口調や話のスピードなど)
  •  7%:言語情報(話の内容など)

このように、人は最初に「見た目」で判断するのです。

だから「見た目」の悪い人には心を開かず、結果的にコミュニケーションも取れにくくなるのです。

だから傾聴力を発揮するチャンスがなくなってしまうのです。

では、どんな「見た目」が良いのでしょうか?

動かない見た目    

まずは動かない「見た目」です。

もう少しわかりやすくいうと、写真だと思ってください。

傾聴力がある人の動かない見た目の共通点は「親しみやすい」ことです。

対義語は「近寄りがたい」です。

傾聴力がある人は「親しみやすい」見た目をしているのです。

不思議と1枚の写真でもその「親しみやすい」が伝わるものです。

  • 雰囲気が優しい。
  • 表情が穏やか。
  • 笑顔が素敵・・・などなど。

人は相手との間に壁を感じると、カードを高くして自己防衛力が働きます。

しかし「親しみやすい」雰囲気には、その心のガードを下げる効果があり、相手に安心感を与えることができるのです。

動く見た目      

傾聴力がある人は、次の5つの共通点を持っています。

頷き(うなずき)上手

たかが頷きですが、されど頷きです。

大勢の前で話した経験がある人は、この「頷き」の大切さが分かると思います。

会場に100人いても頷いてくれる人が1人いるだけでどれだけ話しやすいことか、緊張している場面でもどれだけその行為がありがたいことか。

合いの手上手

合いの手とは、会話の合間にはさむ動作や言葉のことをいいます。

この合いの手上手な人は、会話のリズムをつくり、どんどん相手を話しやすくさせます。

合いの手を意識するだけでも、傾聴力はレベルアップします。

質問上手

合いの手の内容にも含まれますが、質問上手な人は会話の中に「問い」をはさんでいきます。

そして相手が答えたくなるような「問い」をはさむ人が、質問上手な人です。

おうむ返し上手

おうむ返しとは、相手が言ったことをそのまま繰り返して言うことです。例えばこんな感じです。

昨日嬉しいことがあったんだけど

 →   へー嬉しいことがあったんだね

今日は天気がいいね

 →   本当に天気がいいね〜

昨日の宿題だけどさぁ

 →   昨日の宿題ね〜

これだけのことですが、相手は話しやすくなっていきます。

これを意識すると、最初はぎこちないですが最初は何でもそんなものです。安心してやってみましょう。

ミラーリング上手

これは相手と同じ動作をすることです。

私がお世話になっている広告代理店の営業マンは、絶対にこれを意識しています。まだ聞いたことはありませんが(笑)

私がコーヒーを右手で飲むときには、彼は同じタイミングで(左手で)飲みます(笑)

これだけのことですが、相手は話しやすくなっていきます。

これも意識すると、最初はぎこちないですが最初は何でもそんなものです。安心してやってみましょう。

さいごに       

伝える技術の基本は「相手の目線に合わせる」ことです。

詳しくはこちら「伝える技術 〜言葉遣い編〜」をご覧ください。

では一方で、傾聴力の基本は何でしょうか?

傾聴力は「相手に目線が合っていると思わせる」技術です。

話している人は、「本当に聞いてくれているのか?」「本当に伝わっているのか?」という不安があります。

そんな時に「大丈夫だよ」という安心感を与えるのが、「相手に目線が合っていると思わせる」技術です。

そしてさいごに・・・、

傾聴力がある人は、人として魅力があります。

なぜなのか?

それは思いやりが溢れているからです。

傾聴力に必要なことは、相手を思いやることです。

そんな相手を思いやる習慣を持っていることが、傾聴力がある人のもう1つの共通点なのです。

思いやりについて興味がある方は、こちら「思いは思いやりを通して見えるもの」もぜひご覧ください。