コミュニケーション能力を高めるにはたくさんの要素が必要です。経営コンサルタントとして学んだことや経験したことを中心に「コミュニケーション能力向上」に役立つ情報を(原則)毎週金曜日に配信しています。皆さまの未来に少しでも貢献できれば幸いです!

色々なスキル, コミュニケーションの仕組み化

伝える力 〜60分間スピーチのネタを考える〜

「伝える」という行為においては、どのくらいの時間が適切なのでしょうか?

60分といわれれば1分や5分の時よりも時間は長いですが、時間によってポイントは色々です。

今回は60分間スピーチのポイントをご紹介しますが、その他の時間はこちらをご覧ください。

1分間:1分間スピーチにネタは必要ない

5分間:5分間スピーチで合格点を取るコツ

60分間スピーチのポイントを結論からいうと、伝えたいことを1つに絞ることです。

目次         

  • 60分間スピーチの特徴
  • 伝えたいことは1つ
  • ストーリー力

60分間スピーチの特徴

あたかも私が上手なスピーチをする人のように書いていますが、決してそんなことはありません。

しかし下手は下手なりに色々と考えるのです(笑)

その「考える」ということをおろそかにしてしまうと、私自身の存在価値がなくなってしまうので(笑)普段意識していることをシェアします。

60分間スピーチの良い所は、ズバリ時間があるということです。

もちろん「足りない」という人もいるかもしれませんが、1分や5分に比べると「時間がある」といえるでしょう。

といいながらも、人前で話すことが苦手な私は「時間が長い」と思ってしまうのです(笑)

しかしそんな気持ちではなく「時間がある」と前向きに捉えたいと思っています。

一方で、60分間スピーチで気をつけたい悪い所もあります。

それは「時間がある」ということです。

良い所も悪い所も一緒ですね(笑)

そして60分間スピーチで陥ってしまうミスとは、ダラダラと話してしまうことです。

話す時間が60分もあると、伝えたいことを色々と詰め込むことができるのですが、その詰め込み方を間違ってしまうと、聞く人にとっては退屈な時間になってしまうのです。

伝えたいことは1つ  

では伝えたいことを、どのように60分間に盛り込めば良いのでしょうか?

60分間スピーチでの「コツ」はズバリ「伝えたいことを1つに絞る」ことです。

「え〜もったいない」とか「せっかく時間があるのに〜」と思う人もいるかもしれません。

しかし1つに絞るということは、1つしか伝えてはいけないということではありません。

伝えたいことが複数ある場合には、1つの伝えたいことに紐づけることが大切なのです。

例えば、次のような伝えたいことがあったとします。

  • 一期一会
  • 前向きに考える
  • 向上心を持つ

これを1つずつ伝えると相手は3つのメッセージを受け取ることになりますが、それぞれがぼやけてしまう可能性もあります。

そんな時に、1つの伝えたいことに紐付けてメッセージを発すると次のようになります。

人生において「前向きに考える」ことが最も大切です。

ぜひこの「前向きに考える」ということを覚えておいてください。

もしあなたが前向きな姿勢を大切にすると、そこには良い人が集まってきます。

そんな人との出会いが人生の宝であり、そのご縁が自分自身を成長させてくれるのです。

ではそんな「前向きに考える」とはどういうことかを、これから具体的にお伝えしますので、よくお聞きください。

このように伝えたいことを1つに絞ると、伝わり方が全く変わってきます。

ストーリー力     

では、伝えたいことを紐付けることが大切なのですが、具体的にはどのようにすれば良いのでしょうか。

その時のキーワードは「ストーリー」です。

つまり60分間のストーリーを、どうやってつくるかということが大切になってきます。

そしてそのストーリーとは、自分目線でつくるのではなく、相手目線でつくることがポイントです。

相手目線の詳細はこちら「相手の立場に立って考える人と考えられない人」をご覧ください。

ではここで、具体的な「相手目線のストーリー」の事例をご紹介します。

これは数年前に新人研修で使用したストーリーマップ(私はこう呼んでいます)がこちらです。

使用したといっても誰かに見せたわけではなく、自分が話すときの準備で使用したという意味です。

次の「ストーリーマップ」は、真ん中にある横線を境に、上はHOT(高揚感を感じる)で下がCOOL(冷静に深く考える)であり、横軸は時間です。

何を軸にストーリーを考えるかは色々ですが、この「ストーリーマップ」は1つの参考事例としてご理解ください。

相手がどのように感じるかということを想像し、60分間のストーリーを考えた事例です。

そして何よりも大切なことが、伝えたいことは何かを明確にすることです。

この事例で伝えたいことは、次のようなことでした。

「思い切ってやってみる」という精神を大切にしてほしい。

そして紐付けて伝えたいことがこちらです。

  • 新人は可能性がいっぱい!!
  • 「今」を一生懸命に生きることで可能性がどんどん広がっていく
  • 「待ち」の姿勢では、これからの時代は厳しい!!
  • 明るく楽しく主体的な人生を送って欲しい!!

伝えたいことを1つに絞り、60分間スピーチのストーリーを事前にイメージするだけで、伝える力は全く変わってくるのです。