コミュニケーション能力を高めるにはたくさんの要素が必要です。経営コンサルタントとして学んだことや経験したことを中心に「コミュニケーション能力向上」に役立つ情報を(原則)毎週金曜日に配信しています。皆さまの未来に少しでも貢献できれば幸いです!

コミュニケーションスキル, 交渉力, コミュニケーションの仕組み化, 営業の仕組み化

「交渉力を高める」 誰でもできる簡単なコツ

誰でもできる〇〇というと、本当にそんなことできるの!?と思われる人がいるかもしれませんが、これは本当に誰でもできる、簡単な〇〇です。

しかし、どれほどできるかは個人差があるので予めご了承ください。しかし間違いなくアップします。

今回のテーマは「交渉力を高める」です。

「交渉」や「商談」がうまい人とそうでない人がいます。しかし、これは天分ではなく技術です。

技術ということは、訓練すれば誰でも上達するということです。

目次         

  • はじめに
  • 4人の事例
  • 大切な関係づくり
  • さいごに

はじめに       

交渉力というとちょっとハードルが高いと感じる人もいるでしょうが、これはコミュニケーション能力の延長にある技術です。

「交渉力を高める」ことは誰にでもできて、誰にでも必要な技術です。

今回は1つだけお伝えします。

それは、「約束を守る(守らせる)関係をつくる」ということです。

4人の事例      

先日、こんなことがありました。

あるプロジェクトの事務担当者から、各営業担当に次のような発信がありました。

「お客様から、5日以内に〇〇を回収ください」

すると4人の営業担当の結果は、次のようになりました。

Aさん:2日後に全顧客から回収。

Bさん:2日後に大半の顧客から回収。

未回収の顧客には既に連絡済み。

Cさん:3日後に一部の顧客から回収。

しかし未回収の顧客は把握できていない状況。

Dさん:5日後に一部の顧客から回収しただけ。

返事がなく連絡が取れない顧客もいる状況。

この結果は、何を物語っているのでしょうか?

これはズバリ、その顧客との関係を物語っています。

大切な関係づくり   

さて、それはどのような関係でしょうか?

それが、「約束を守る(守らせる)関係」です。この関係構築は、交渉力の差とも言えます。

では、そのような関係をつくるためにはどうしたらいいのでしょうか。

ポイントは、3つあります。

1つ目は・・・、

「約束をする」ことです。

何かを伝えるだけでは物足りないのです。こちらから約束をするのです。しかし決して難しいことではありません。

例えば、「いついつまでに送ってください」と、期限を伝えるだけでいいのです。例えば上記のAさんであれば「明後日中に送ってください」と約束をしているのです。

そして、CさんとDさんは、期限を伝えていないのです。これが、約束をしていないということです。

この習慣づくりは、日々の積み重ねです。

2つ目は・・・、

「約束を守る」ことです。

言葉にすると、とてもシンプルなことですが、交渉だけでなく、人間関係構築においても、最も大切なことです。

この習慣ができている人は、相手に関係なく小さな約束を大切にします。

特に自分よりも地位が低い人や、力の弱い人との約束を大切にしているかどうかで、その人の習慣が分かります。

些細な約束を、大切にするということです。

つまり、相手と約束をしていようがいまいが、自分で決めた約束を守るという習慣を持っているのです。

そしてそのような人は、もし相手との約束を守れそうにない時にでも、必ず事前に詫びを入れます。

そして3つ目は・・・、

「約束を守らせる」ことです。

約束を守らせるという言葉から、「高圧的に接する」というイメージを持つ人がいるかもしれませんが、そうではありません。

もちろん高圧的に接することで、約束を守らせることもできますが、そうするといつも高圧的にならなければいけません。そして、高圧的な態度を取れない相手には、約束を守らせることができなくなってしまいます。

そうではなく、自ら「約束をして」、自ら「約束を守る」姿勢を相手に見せることで、「約束を守る(守らせる)関係」を構築していきます。

その関係構築こそが、交渉力アップに繋がるのです。

そう考えると誰にでも、できることではないでしょうか?

なぜならば、それは自分の努力でできるからです。

①の「約束をする」と、②の「約束を守る」が、誰でもできる交渉力アップです。そして、そのご褒美が③の「約束を守らせる」であり、結果的に交渉がうまく進むのです。これはコミュニケーションにおいても同様のことです。

さいごに       

①の「約束をする」について、よくある質問をご紹介します。

質問A:「自分から何かをする場合は、どうしたらいいですか?

答えA:今回は、お客様から送ってもらうという事例でしたが、自分が送る時でも同じことが言えます。

具体的にいうと、かしこまりましたではなく「本日の15時までに送ります」という約束をすればいいのです。

質問B:「相手に〇〇までに送ってください」という言い方がしにくい場合は、どうしたらいいですか?」

答えB:そんな時は「ちなみにいつまでに送れそうですか?」という問いを投げ、その答えに対して「それでは◯◯までによろしくお願いします」と復唱すればいいのです。

「交渉力を高める」簡単なコツは以上ですが、いかがでしょうか?

読んで納得することと、実践することでは大きな差があります。

興味のある方はぜひ「実践」してみてください。