コミュニケーション能力を高めるにはたくさんの要素が必要です。経営コンサルタントとして学んだことや経験したことを中心に「コミュニケーション能力向上」に役立つ情報を(原則)毎週金曜日に配信しています。皆さまの未来に少しでも貢献できれば幸いです!

おもうこと, Other

会社の辞め方 〜3人の事例〜

春は、出会いと別れの季節ですね。

皆さんの周りでも、多くの出会いと別れがありますか?

別れの中には、会社を辞めるという別れもあるでしょう。

今は会社を円滑に辞めるためのサポートをしてくれる、弁護士による退職代行サービスもあるそうですが、どうなのか〜って思っちゃいます。今回はそのような話ではありません。

「会社の辞め方」って、その人の生き方が表れるな〜って思います。

あの松下幸之助さんも、採用面接の時には、会場に入ってくる姿よりも、出ていく姿に注目していたそうです。

そこで、今回は周りで起きた・・・

3人の「会社の辞め方」の事例をご紹介します

目次         

  • Aさんの「会社の辞め方
  • Bさんの「会社の辞め方
  • Cさんの「会社の辞め方
  • さいごに

Aさんの「会社の辞め方

Aさんは在職中、一生懸命働いていました。

もちろんその一生懸命とは、「彼なりに」という意味なので、周りの評価は色々です。

決して受け身で仕事をするばかりではなく、自ら「これをやりたい」と手を上げ取り組むこともたくさんしていました。

そんな彼に対して上司も、たくさんのチャンスを与えてきました。

しかし、そんなAさんにも会社との別れがやってきました。

その主な理由は、「給料」だったそうです。

もちろんそれだけではなく、会社方針の不一致や人間関係もあったでしょうが・・・。

では「会社の辞め方」はどうだったのでしょうか?

結論からいうと、良くなかったのです。

何が良くなかったのでしょうか?

それは「報告の順番」です。

辞めたいという気持ちは本人の問題ですが、辞めるという行為は上司や会社の承認があって成立するものです。

だから上司に相談し会社に承認してもらってから、口に出すべきところなのですが、Aさんはその前に親しい同僚に「辞めたい」ではなく「辞める」と話していたそうです

このことを知った社長や上司はどのように思うでしょうか?

もちろん嬉しいはずはないし、面目は丸つぶれですし、何よりもマナー違反です。

では、なぜそのようにしてしまったのでしょうか?

社会性がないといえばそれまでですが、根本的に会社や上司に対して感謝がないのです。

そして、物事の筋が通ってないのです。

だからさんは、会社からエールを送られての退職とはなりませんでした。

Bさんの「会社の辞め方

Bさんは在職中、一生懸命働いていました。

しかし、そんなBさんにも会社との別れがやってきました。

その主な理由は、「家族」だったそうです。

もちろん、それ以外の理由もあったでしょう。

家族のことを考えると、職場までの往復時間を減らす必要があり、介護を含めた家族に使える時間が、それまで以上に必要だったのです。

在職中は、会社のこれからについても色々と提案をしていたそうで、その中には納得がいかない対応もあったそうです。

そんな彼が退職を考え始め、上司に相談し、会社から了承を得て、数ヶ月後に退職することになったのです。

会社から了承を得てから、お世話になった同僚やお客様に報告をしていきました。

そしてお客様から、「次はどこに行くの?」と聞かれても「それは言えません。

辞めるまでは、〇〇の社員なので言えません。

しかし新しい名刺ができたら必ずご挨拶にお伺いします」と話していました。

そんなBさんは、社内からもお客様からもエールを送られて退職することになったのです。

Cさんの「会社の辞め方

Cさんは在職中、一生懸命働いていました。

しかし、そんなCさんにも会社との別れがやってきました。

その主な理由は、「独立」だったそうです。

しかも今までの経験を生かし、同じ業界で独立をするというものでした。

あなたがもしCさんの上司や社長だったら、どう思うでしょうか?

その時Cさんが勤めていた会社の社長は、次のように言ったそうです。

「競合するのか協働するのか今すぐ決めろ」

そしてCさんは即答で

「もちろん協働させていただきます」

このやりとりだけで、どれだけCさんが一生懸命働き、どれだけ会社に貢献してきたかが分かります。

そんなCさんは、もちろん多くの人にエールを送られて退職したそうです。

さいごに       

一生懸命働く」といっても人それぞれであり、そのレベルも様々です。

自分のためだけに、「一生懸命働く」人は嫌われます。

例えば・・・

営業マンが、自分の成績のためだけに「売ろう」「売ろう」と「一生懸命」働いても、お客様には喜ばれないでしょう。

逆に周りの人のために、「一生懸命働く」人は好かれます。

例えば・・・

営業マンが、この情報が欲しい人に「届けよう」「伝えよう」と「一生懸命」働けば、お客様に喜ばれるでしょう。

会社の辞め方」が問われる時は、1つの「終わり」を意味します。

しかし「会社の辞め方」によっては、それは「終わり」ではなく、新しい付き合いの「始まり」を意味することもあります。

その人の「会社の辞め方」次第です。

そしてその「会社の辞め方」には、その人の過去に対する感謝や、生き方が反映されるのです。

だから、日々の過ごし方や日常がやはり大切ですね。

昔の言い方でいうと、いつでも「お天道様は見ている」のです。