コミュニケーション能力を高めるにはたくさんの要素が必要です。経営コンサルタントとして学んだことや経験したことを中心に「コミュニケーション能力向上」に役立つ情報を(原則)毎週金曜日に配信しています。皆さまの未来に少しでも貢献できれば幸いです!

コミュニケーションスキル, コミュニケーションの仕組み化

伝え方のコツ(話す順番) 〜コミュニケーション能力を高めるには〜

「伝える」という行為は、自分なりに「できた〜」と思っても、相手に「伝わっていない」と、残念ながら「できた〜」ということにはならないのです。

そんな時に、1つでも課題が見えるといいですよね!

今回のテーマは「伝え方のコツ」です。

同じことを伝えたいのに、伝える内容は一緒なのに、伝わり方が全然変わってしまうってことありませんか?

それって寂しいですよね・・・。

そんな時は、話す順番を意識するだけで、変わってきますよ!!

目次         

  • 伝え方はイロイロ
  • Aさんの事例
  • Bさんの事例
  • フランクなYES

伝え方はイロイロ   

あなたは今からお客様に2つのことを伝えます。

さて、どうやって伝えますか?

これは、同じことを伝える場合であっても、伝え方で結果が全く変わってしまう事例です。

実際の正しい伝え方は相手によって変わってきますが、簡単なコツはあります。その簡単なコツを意識することで結果が変わってきます。

では、どのようなコツがあるのでしょうか?

ここでは、2人の事例を通してご紹介します。

あなたがお客様に伝えることは・・・、次の2つです。

  • お客様に、ある会社をご紹介したい。
  • お客様に、ある条件のものを探していただきたい。

Aさんの事例     

Aさん:〇◯のようなものを探しているのですが、御社にはございますでしょうか?

お客様:具体的にはどのようなものですか?

Aさん:具体的には■■のようなものになります。

お客様:ちょっと担当者に確認してみます。
(一旦保留)
すみません■■のようなものは弊社の在庫にはないとのことです。ちょっとお役に立てないかもしれません。申し訳ございません。

Aさん:お知り合いの会社などでは、いかがでしょうか?

お客様:ちょっと分かりませんね。何かあればご連絡します。

Aさん:そうですか。お手間を取らせてすみませんでした。それと、別件である会社をお客様にご紹介したいと思うのですが・・・。

お客様:そうなんですね、ありがとうございます。一度検討しますので、どんな会社かという情報をメールでいただいてもよろしいでしょうか?

Aさん:今ご説明もできますが・・・。

お客様:あっ、メールでいいですよ。後ほど検討させていただきます。

Bさんの事例     

Bさん:△△のような会社をぜひ御社にご紹介したいのですが、いかがでしょうか?

お客様:えーそうなんですか!!!ありがとうございます!!! ぜひお願いします。細かい情報もいただけますか?

Bさん:はい、かしこまりました。弊社も信頼できる方にお繋ぎしたいと思っていましたので、とても助かります。ありがとうございます。では後ほどメールで送らせていただきます。

お客様:はい、お待ちしております。ありがとうございます。

Bさん:それと、〇〇のようなものを探しているのですが、お客様のところにございますでしょうか?

お客様:私は担当ではないので、今すぐは少しわからないのですが。後で確認してもいいですか?

Bさん:ありがとうございます。それではあわせてメールに書かせていただきますので、ご検討いただけますでしょうか?

お客様:はい、担当にも確認して出来る限り探してみます。メールを確認しましたら、折り返しご連絡いたします。それ以外にも何かあれば、何でも言ってください。

Bさん:助かります。ありがとうございます。

フランクなYES    

さて、この2人のやりとりでは、何が違うのでしょうか?

最初にお伝えした簡単なコツとは、「最初にフランクなYES」をいただくことです。

フランクなYES」とは、「あ〜いいですよ〜」とか「わかりましたよ〜」のようなものです。これを最初にさらっといただくことがポイントです。

その「フランクなYES」をお客様から最初にいただけると、その後の会話もポジティブに進んでいきます。

実際に今回の事例では・・・

  • Aさんは何か悪いことをしたような終わり方
  • Bさんはお客様に感謝されて次に繋がるような終わり方

そしてさらに、「最初にフランクなYES」をいただき、「相手を負かす」のではなく、「相手に喜んでいただく」ことが何よりも大切です。

伝え方の簡単なコツを意識し実践するかしないかで、同じことを伝えていても、相手の受け止め方は全く変わってきます。

これはお客様に対してだけでなく、どのような人に対しても当てはまる簡単なコツです。

例えば、上司に相談をする時も一緒です。

上司に何かを相談し、その上で了解をもらいたい時に、どのように伝えればいいのか?

漠然と相談するのではなく、大きなYESをもらうために、いかに「最初にフランクなYES」をいただくかということは、とても大切になっていきます。

物事をうまく進めようとする時に、漠然と意識を高めモチベーションをあげることよりも、具体的に何かを意識して行動する方が、簡単ですし成果にも繋がります。

また意識すべき項目を、絞り込むことで、組織の仕組み化もしやすくなります。

コミュニケーション能力を高めるには「最初にフランクなYES」をいただく「伝えるコツ」が大切なのです。