コミュニケーション能力を高めるにはたくさんの要素が必要です。経営コンサルタントとして学んだことや経験したことを中心に「コミュニケーション能力向上」に役立つ情報を(原則)毎週金曜日に配信しています。皆さまの未来に少しでも貢献できれば幸いです!

色々なスキル, コミュニケーションの仕組み化

「言霊とは」を考えるとこうなる

私が最初に「言霊」という言葉を知ったのは、1996年のことです。

そうです、あのサザンの「愛の言霊」という曲で知りました。

サビでは、次のように歌われています。

生まれく叙情詩(せりふ)とは 蒼き星の挿話(そうわ)

夏の旋律(しらべ)とは 愛の言霊(ことだま)

フランス語にも聞こえるような桑田さんの歌い方と独特の桑田ワールドに引き込まれると、そこには「鍵屋たまや」「浮き世」「カゴメやカゴメ」「ヤーレンソーラン」「黄泉の国」など、古代日本を想像させるような歌詞が散りばめられていました。

聴いたことがない人には、ぜひ聴いて欲しい!!

おっと、またまた話が脱線しそうなので、本題に戻ります(笑)

目次         

  • 言霊とは?
  • これって言霊?
  • 誰でも接する言霊
  • 言霊の活用

言霊とは?      

そもそも「言霊」って何でしょうか?

コトバンクを調べると、次のように書かれています。

古代日本で、言葉に宿っていると信じられていた不思議な力。発した言葉どおりの結果を現す力があるとされた。

またウィキペディアには、次のように書かれています。

言霊とは、一般的には日本において言葉に宿ると信じられた霊的な力のこと。

声に出した言葉が、現実の事象に対して何らかの影響を与えると信じられ、良い言葉を発すると良いことが起こり、不吉な言葉を発すると凶事が起こるとされた。

ふむふむ、なるほど~。

「あ~あの人と会いたくないな~」なんていうと、偶然バッタリ会っちゃうみたいな感じですかね!?

これって言霊?    

先日こんなことがありました。

物事を決める際に色々な手法がありますが、その時は「アミダくじ」で決めることにしました。

アミダくじ」なので、どこか良いかを選んでもらう必要があったのですが、そこである人が次のように言いました。

  • こういうことをやってもどうせ外れるんですよね~
  • いつもこういうのって外れるんですよ~
  • どうせやってもダメなんですよね~

この人は、こういうネガティブ発言がいつも多いのです(笑)

すると、結果はどうなったでしょうか?

なんということでしょ~(劇的ビフォーアフターのナレーション風)

見事にハズレました(笑)

すると、彼は言いました。

  • やっぱりそうじゃないかな~と思ったんですよ
  • 大体わかるんですよね~

いっそのこと、予言者にでもなったほうがいいんじゃない!?(笑)

そこで「言霊」という言葉を改めて考えてみると、どうでしょうか?

「アミダくじ」で場所を選ぶ際に、「こういうのは大体当たるんですよね~。絶対に当たるから見ててくださいね~」なんて言ったら、果たして「アミダくじ」は当たっていたのでしょうか?

私には分かりません(笑)

誰でも接する言霊   

結論から言うと・・・「言霊」って感じることありますよね。

「アミダくじ」の例えは、あくまでその時の結果を引き寄せるかどうかということですが、そういう刹那的なことではなく、もっと広い視野で考えると、言葉が持つ力はとてつもなく大きいものなのです。

私が手帳に挟んでいるもので、次のマザーテレサさんの言葉があります。

  • 思考に気をつけなさい、それはいつか言葉になるから。
  • 言葉に気をつけなさい、それはいつか行動になるから。
  • 行動に気をつけなさい、それはいつか習慣になるから。
  • 習慣に気をつけなさい、それはいつか性格になるから。
  • 性格に気をつけなさい、それはいつか運命になるから。

そうなんです。

「言葉」は「行動」に影響を及ぼすのです。

例えば・・・、

めんどくさいな~」という言葉を発すると、それは嫌なことになります。

一方で「ここが踏ん張りどころだ~」という言葉を発すると、そこには前向きなエネルギーが湧いてきます。

例えば・・・、

疲れた~」という言葉を発すると、そこには疲労感が伴います。

朝から特になにもしていないのに、「疲れた~」と口癖のように言っている人っていますよね(笑)あれは、周囲にも悪影響を及ぼすので要注意です。

一方で「我ながら頑張ったな~」という言葉を発すると、そこには充実感が伴います。

たかが「言葉」、されど「言葉」なのです。

やっぱり「言霊」は、その通りですね。

言霊の活用      

そして、言葉が行動に影響及ぼすのであれば、良い言葉を発するようにすればいいのです。

では、その言葉とはどのような言葉なのでしょうか?

ズバリ「ありがとう」が絶対におススメです。

というか私は心がけています。できているかどうかは別として・・・(笑)

何か怒られたり指摘されたり、そんな場面でも、「すみません」で終わるのではなく、「ありがとう」で終わるのです。

「すみません」で終わるとただの自己反省ですが、「すいません」の後に「ありがとう」で終わると、自己反省と共に指摘してくれた相手への感謝が加わるのです。

「ありがとう」は、まさに魔法の言葉です。

こんな魔法の言葉を使わない手はありません。

  • その言葉を発するだけで、自分自身が物事に対して感謝を感じられるようになります。
  • それを聞いた相手もポジティブな気持ちになります。
  • その雰囲気は周りにも伝播していきます。

では逆に、悪い言葉とは何でしょうか?

人それぞれだと思いますが、ここではあえて2つ紹介しておきます。

  • めんどくさ~い
  • 疲れた~

この2つの言葉を使っていくと、めんどくさいことや疲れることがどんどん舞い込んできます(笑)

本当ですよ。だって、同じ現象が起きてもどう捉える次第ですから。

これを「言霊」というのであれば、まさにそれです。

周囲に起こる現象は、結果的に自分が引き寄せているのです。

同じ現象が起きても捉え方によって、同じ現象が違う現実になっていくのです。

その原因は捉え方であり、その捉え方から発した言葉なのです。

  • 思考に気をつけなさい、それはいつか言葉になるから。
  • 言葉に気をつけなさい、それはいつか行動になるから。

「言霊」って、本当です!!