コミュニケーション能力を高めるにはたくさんの要素が必要です。経営コンサルタントとして学んだことや経験したことを中心に「コミュニケーション能力向上」に役立つ情報を(原則)毎週金曜日に配信しています。皆さまの未来に少しでも貢献できれば幸いです!

理念, 色々なスキル, コミュニケーションの仕組み化, 幹部育成, 人事の仕組み化

誰でもわかる 簡単 組織の3要素

誰でもできる〇〇というと、本当にそんなことできるの!?と思われる人がいるかもしれませんが、これは本当に誰でもできる、簡単な〇〇です。

しかし、どれほどできるかは個人差があるので予めご了承ください。しかし間違いなくアップします。

今回のテーマは「組織の3要素」です。

組織を仕組み化する中で、「組織の3要素」はとても重要な要素であり、組織における有効なチェック項目にもなります。

これはアメリカの経営学者であるチェスター・バーナードさんが提唱した、組織が成立するための3つの条件です。

ちなみにバーナードさんは、経営学者であると共に、約20年間電話会社の社長をされていた方です。

目次         

  • はじめに
  • 共通目的(組織目的)
  • 協働意欲(貢献意欲)
  • コミュニケーション
  • スポーツの事例
  • リーダーの役割

はじめに       

集団とは人が集まっただけであり、組織とはこの3要素がそろうことで成立する」とすると、それぞれの言葉の定義も明確になります。

それでは、組織の3要素とは何か?

ズバリこちらです。

  • 共通目的(組織目的)
  • 協働意欲(貢献意欲)
  • コミュニケーション

1つ1つ補足を交え、ご紹介します。

共通目的(組織目的) 

  • 私の会社は、〇〇と言う目的があります。
  • 私の部署は、〇〇と言う目的があります。
  • 私のチームは、〇〇と言う目的があります。

社員全員もしくはチーム全員が同じ答えを言え、上記の◯◯に同じ言葉が入ることが理想です。

しかし、なかなかそうはいかないのも現実です。

そのため、組織では様々な仕組みづくりが必要になります。

協働意欲(貢献意欲) 

はじめに、協働意欲(貢献意欲)が高いということは、ただ意欲(モチベーション)が高いということではありません。

自分のテンションが高ければいいということではありません。

協働意欲(貢献意欲)とは、わかりやすくいえば助け合おうとする意欲です。

  • 各自が全社の視点を持ち、部門の枠を超えて、「何か手伝うことはある?」と関心を持って声をかけていますか?
  • チームで困っている人がいたら、「どうしたの?」と関心を持って声をかけていますか?
  • 新しく入った社員に、積極的に「元気?問題ないかな?」と関心を持って声をかけていますか?

このような日常の積極的な姿勢が、助け合う風土づくりを構築し、組織の土台が形成されていきます。

コミュニケーション  

組織において、とても重要な言葉です。

相手のことを知っているだけで、かける言葉が変わります。

かける言葉が変わると、今まで以上に相手を助け、勇気づけることが可能になります。

その根底にあるのがコミュニケーションです。

コミュニケーションには量と質があります。

まずできることは量です。

そして最も簡単なことが挨拶です。

質については色々と深い分野ですので、興味があればこちら「コミュニケーションの基本」もご覧ください。

スポーツの事例    

スポーツチームは共通目的(組織目的)をつくりやすいものです。

なぜならば・・・ほとんどのチームは勝利を目指して、試合に臨むからです。

「よーし今日は負けるぞ〜」って力を合わせて頑張るチームは、ほとんどないですからね(笑)

さらに目の前の勝利のためという目的だけでなく、その勝利の先に目的を持っているチームは、底力が違うかもしれません。

その一方で、一般的な企業では、共通目的(組織目的)を浸透させることが簡単ではありません。

なぜならば、スポーツチームのように、説明なく共有できる目的が見えにくいからです。

それでも組織の目的が明確になり「共通目的」として浸透している企業の事例もあります。ご興味があれば、ぜひこちら「理念が浸透した会社」もご覧ください。

リーダーの役割    

この共通目的(組織目的)の設定は、リーダーの重要な役割になります。

そして味方の誰かがミスをした時なども、傾向が2つに分かれるのではないでしょうか?

ミスをした選手を責めるチームと、ミスを踏まえてすぐにどうやってチームに貢献できるかを各自が考えられるチームと。

協働意欲(貢献意欲)とは、その時だけ意識しても醸成しにくいものです。

普段から、相手の立場に立って考えられるような、組織の仕組みづくりが必要になります。

そしてその仕組みづくりの根底にあるのが、個人の習慣です。

良い習慣を身につけている人は、成長します。

だから、その個人個人の良い習慣づくりをサポートすることが、組織の仕組みづくりに繋がります。

そしてスポーツチームでは試合の前後にミーティングがあります。

コミュニケーションを活性化させる貴重な場面が、ミーティングになります。

ミーティングの量や質も様々であり、そこがリーダーの力の見せ所かもしれません。

このように・・・。

組織の仕組みづくりにおいて「組織の3要素」はとても重要な要素であり、組織における有効なチェック項目になります。

もし自分が所属する組織やチームにおいて何か疑問や問題を感じた時には、この「組織の3要素」をチェックするだけで、組織の課題が明確になります。