コミュニケーション能力を高めるにはたくさんの要素が必要です。経営コンサルタントとして学んだことや経験したことを中心に「コミュニケーション能力向上」に役立つ情報を(原則)毎週金曜日に配信しています。皆さまの未来に少しでも貢献できれば幸いです!

目標設定, 目標の仕組み化, 色々なスキル, 営業管理, コミュニケーションの仕組み化, 幹部育成, 営業の仕組み化, 人事の仕組み化

ビジネスにおける数字力の鍛え方①

誰でもできる〇〇というと、本当にそんなことできるの!?と思われる人がいるかもしれませんが、これは本当に誰でもできる、簡単な〇〇です。

しかし、どれほどできるかは個人差があるので予めご了承ください。しかし間違いなくアップします。

今回のテーマは「ビジネスにおける数字力の鍛え方」です。

ここでの数字力は「数字に強い」という定義としています。

目次         

  • はじめに
  • 小学2年生の考え
  • 親子の作戦会議
  • さいごに

はじめに       

経営者や経営幹部にとって、必須となるスキルの1つが「数字力」であり「計数管理」です。

経営は「計数に始まり計数に終わる」といわれます。

企業の成績は、数字に表れます。

  • 金融機関は、数字を見て「融資」を決めていきます。
  • 投資家は、数字を見て「投資」を決めていきます。
  • ハゲタカは、数字を見て「買収」を決めていきます。

当たり前のことですが、数字のことは「神のみぞ知る」なんてことではいけません。

当たり前のことですが、数字のことは「経営者や経営幹部が分かっている」でなければいけません

しかし「数字力」といわれるだけで、なんか構えてしまう人も多いのではないでしょうか。

小学2年生の考え   

数字力」とは「数字に強い」ということ。

言い換えれば、「物事を数字で説明できる」ということです。

ビジネスにおける数字力もまずは「数字に慣れる」ところからスタートです。

・・ある親子(YパパとKくん)の会話です・・

Kくん:小遣いをあげて欲しい。あげてあげてあげて〜。

Yパパ:そんなことばっかり言ってないで、何か他に考えることはないのかよ~!?本当に何度もうるさいな~(怒)

Kくん:だったら、このカードをメルカリで売って自分のお小遣いにするわ。

Yパパ:メルカリ!?あのメルカリ!?

Kくん:そうや〜あのメルカリや〜!!

実際に「売る」という行為が現実味を帯びてくると、小学2年生も饒舌になってきます(笑)

  • 「これはどうかな?」
  • 「これはいらないカードだし大丈夫!」
  • 「他にもこんなにいっぱいあるよ!」
  • 「それいいんじゃない!?」
  • 「これで売れたら小遣いにしたいな〜」

Kくん:1枚10円で売ろう!それでいいやろ~!?

Yパパ:うーん、1つ約束しよう。もし売れたら、そのお金はパパと、半分ずつ分けよう。だってメルカリに登録したりするのは、子供だけではできないから!!

Kくん:いいよ!!じゃ〜売れたら5円ずつね。

Yパパ:それはちょっと違うな。

Kくん:なんで???

Yパパ:まず売れたら10円もらえるけど、その時には出ていくお金もあるんだよ。例えば、販売手数料というものをメルカリさんに100円払わなくちゃいけないんだよ・・・。だから10円のカードが1枚売れても儲からないんだよ。

Yパパ:じゃあどうする??

Kくん:もっと高く売る!

Yパパ:いくらで売る?

Kくん:1,000円で売る!!

Yパパ:何枚売る?

Kくん:45枚売る

Yパパ:いいねいいね

親子の作戦会議    

1,000円で売れたとしたら、それにかかるお金は、送料と販売手数料。

もらえるお金:1,000円

送料:195円

 カードを送るお金(送料)で195円かかる。

販売手数料:100円

 メルカリさんに支払う販売手数料が100円かかる。

———–

Yパパ:そうすると、儲けはいくらになる?

Kくん:705円!

Yパパ:正解!

それを半分ずつだと、中途半端だから、パパの分は305円でいいよ。そうするとお小遣いはいくらになる?

Kくん:400円!

Yパパ:正解!

Kくん:よっしゃー!!

まず、これで「売れたら儲かる」という構図は出来上がりました。

・・・つぎの問題は?・・・

「45枚で1,000円」

Yパパ:「45枚で1,000円」って高いの?安いの?

Kくん:分からん!

Yパパ:分からんってことはないでしょ~。新品だったらいくらするの?

Kくん:5枚で162円だから・・・、1,458円。

Yパパ:なるほどね~。1,458円の新品が、中古で1,000円で買えるってことね~。

Kくん:めっちゃ安いやん!

Yパパ:中古だったら半額くらいがいいんじゃないの?

Kくん:これでいいでしょ!だって新品で買うより400円以上も安いんやよ!

Yパパ:まずやってみるか(笑)

その時に、書いた絵は次のようなものでした。

話せばまだ続きはありますが・・・、

ビジネスにおける数字力もスタートはこんなことです!

まずは「数字に慣れる」、「物事を数字で説明できる」ようになることです。

さいごに       

結論からいうと、何も売れませんでした。

しかし、試行錯誤をして、あれこれトライしてみました。

なぜ売れなかったのか???

真の理由は、お客様に聞いてみないと分かりませんが・・・。

いくら値段を変えないとはいえ、販売する枚数を50枚・70枚・100枚と増やしても・・・、

いらないものの枚数をいくら増やしても、買い側もそれはいらないということです(笑)

だったら、相手(買う側)が欲しいものを、販売したらどうか?

残念ながら、その壁を小学2年生は超えることができませんでした(笑)

人間の性ですね(笑)チャンチャン(笑)